政治の本質

日本人(国)をして世界の指導者(国)にすることで、地球文明のレベルを上げて宇宙の発展に寄与します。                                実現する為の手段は日本人を自虐史観から脱却させて自らの歴史と民族及び国家に誇りと自信を持たせる事によってです。          故に、「政治の本質」は国益に沿う政策を主張するweb新党「富国日本」党を結成しました。

継続こそが力なり! 日本思想の特徴とは? 

思想

▽ 生命は生まれ続ける事で永遠になる

生命は生まれ続ける事で永遠になる。
by 遠峰一青(神の雫主人公の一人)

MAG2NEWSに掲載された「世界が称賛する日本の経営」の書評で、
華僑を含む中国系「商人」と日本の「職人」の対比、非常に面白い観点
なので項を改めて考察すると書きました。


MAG2NEWSに掲載された書評は、こちら
=> http://www.mag2.com/p/news/248420


伊勢雅臣様の著「世界が称賛する日本の経営
育鵬社 1500円+税
(詳細は→ http://amzn.to/2odNrGs )


今エントリーで何故、日本が世界で群を抜く「老舗企業大国」なのか?
何故、華僑を含む中国系は「商人」で日本は「職人」企業が多数なのか?
について考察していきたいと思います。
まず最初の問いですが、企業が社会の一部である以上、日本という国
の国柄である国体から影響を受けます。即ち日本の国体を支える
日本を特徴づける思想が日本企業にも反映されるのです。
では、日本思想の特徴とは何か?
それが冒頭に紹介した「生命は生まれ続ける事で永遠になる」思想です。
親から子へ、子から孫へ、血とDNAを引き継ぐ。
又、時を遡って考えれば子から親に、親から祖父母、そして先祖へと。
遠い過去から現在の自分まで血とDNAを引き継いで頂いた先人に、
想いを巡らせ、感謝を捧げる事で自分は1人きりではなく国家や社会の
一員として生きる勇気と国家や社会といった公に貢献したいと思う意欲
が湧いてくるのです。
この意味で「家」制度とお盆の墓参りは、重要なのです。
「家」制度は日本を弱体化させ共産革命を起こしたかったコミンテルン
が多数紛れ込んだGHQの思惑で解体されたとされていますが、死滅
した訳ではなく戦後は企業の多くが「家」化したのです。
多数企業が欧米流資本主義組織から日本流家族主義に変化した事が
戦後の高度経済成長を支え日本が世界で群を抜く「老舗企業大国」
になった理由の一つです。


▽ 「中国」5000年の歴史
日本列島に住んでいる日本人にとって国が存続するのが当たり前で
国の一部が焼け野原になったのも応仁の乱の10年間と大東亜戦争
末期と敗戦後の数年間だけという世界史の奇跡と呼ぶべき恵まれた
歴史の中で育つと無意識の内に、どの国も連続した歴史を潜り抜けて
来た、と思いがちですが実は違います。これは日本の西に位置する
ユーラシア大陸の東端の中原に覇を唱えた複数の、かつて存在した
国の歴史にも当てはまります。
日本の連続した公称2700年の歴史に対抗して、いまや「中国」5000年
の歴史という恥ずかしいプロパガンダを世界中にばらまいている「中国」
ですが日本人が日本の西に位置する国を「中国」と呼び始めたのは、
幣原 喜重郎(しではら きじゅうろう)が外務大臣時代の1920年代に
「中国人が嫌がるからシナという言葉は中国と書き換えろ」と主張して
以来です。
それまでは日本書紀や本居 宣長が研究した古事記に記載されている
葦原中国(あしはらのなかつくに)で中国とは日本のことだったのです。
「中国」5000年の歴史、これは「中国」3000年でも同じですが、この
主張を信じる事は二つの嘘に騙されるのと同じです。
一つ目は幣原 喜重郎の言う「中国」とは正式名「中華民国」であり、
蒋介石総統が造った国なので、毛沢東が造った中華人民共和国とは
別の国なのです。日本人は何でも略すのが得意ですが略してしまう
事で本来、別なものが区別出来ない弊害も生じます。
中華民国を中華人民共和国と同じ「中国」とするのは所謂「一つの中国」
論に組するのと一緒で嘘に騙されます。
二つ目はユーラシア大陸の東端の中原に覇を唱えた複数の国が連続
している、という嘘です。
現実の歴史は断続していて統一王朝が存在しない良く言えば群雄割拠
実際は北斗の拳が描く、力が全ての戦いでの軍による強奪や農地の
荒廃による飢えで人口が数分の一や十分の一に減る悲惨な状態が、
半分の時間くらい存在するのです。
又、統一王朝時代も全ての王朝で漢民族が支配者層だった訳ではなく
モンゴル人の元や満州人の清など別な民族と入れ替わっているのです。
ですので、中華人民共和国を支配する中国共産党中央の連中がシナ
と日本人から呼ばれるのを嫌がるから人の好い善良な日本人が、
あの国を中国と呼んであげる場合は「中国(1949年建国)」とするのが
正しいのです。ちなみに、日本の敗戦は1945年なのですが、中国
共産党中央の正統性の根拠は、日本と戦って勝った為だそうですが
日本軍がユーラシア大陸の東端に軍事力を展開していた時には、
国が存在していなかったのに、中国共産党中央は何をしていたんで
しょうね。(棒)


▽ 老舗企業の定義
一般的に「老舗企業」の定義は創業100年以上とするのが普通です。
<我が国は、世界で群を抜く「老舗企業大国」である。創業100年を
超える老舗企業が、個人商店や小企業を含めると、10万社以上あると
推定されている。その中には飛鳥時代、西暦578年に設立された創業
1,400年の建築会社「金剛組」だとか、創業1,300年になろうかという
北陸の旅館、1,200年以上の京都の和菓子屋など、1,000年以上の
老舗企業も少なくない。
ヨーロッパには200年以上の会社のみ入会を許される「エノキアン協会」
があるが、最古のメンバーは1369年に設立されたイタリアの金細工
メーカーである。しかし、これよりも古い会社や店が、我が国には100社
近くもある。
お隣の韓国には俗に「三代続く店はない」と言われており、せいぜい
創業80年ほどの会社がいくつかあるに過ぎない。中国でも「世界最大
の漢方薬メーカー」北京同仁堂が創業340年ほど、あとは中国茶、
書道用具など100年以上の老舗が何軒かある程度である。
さらに興味深いのは、100年以上の老舗企業10万社のうち4万5,000社
ほどが製造業であり、その中には伝統的な工芸品分野ばかりでなく、
携帯電話やコンピュータなどの情報技術分野や、バイオテクノロジー
など先端技術分野で活躍している企業も少なくないことだ>
(32Pから33Pを抜粋)


▽ 100年前の世界
今年が2017年ですから最低でも1917年以前に創業していなければ
老舗企業と呼ばれない訳です。
では、1917年の情勢は、どうだったのか?
世界的には1914年に所謂「サラエボ事件」を契機として第一次世界大戦
中で、その影響で悲劇として起こったロシア革命が起こってしまった年
です。
そしてユーラシア大陸の東端の中原は、どんな状態だったのか? と言うと。
巨大なイスイス団(マスゴミ用語では「イスラム国(IS)」)でした。
所謂「漢人」では、なく、満州人が支配民族の国だった清が1912年に
宣統帝(溥儀)が2月12日に正式に皇帝から退位する事で滅亡した後
中国共産党中央が支配勢力となる「中国(1949年建国)」が樹立される
中央政府は存在せず良く言えば群雄割拠、現実には清が滅亡した
同じ年の1月に建国された「中華民国」が影響を及ぼせる勢力圏や
満州地域の馬賊だった張作霖を代表とする複数の軍閥の勢力圏以外は
「無主の地」で「力の真空」地域が沢山有った時代です。


▽ 日本に老舗企業が多い理由
大宇宙誕生後、最初に現れる天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)
から天照大神を通じて万世一系を保持する天皇が民を「おおみたから」
とする考えで君民一体統治を行う日本と違って比喩ではなく言葉通り
の意味で民は支配者の餌にしか過ぎないユーラシア大陸の東端の中原
で中央政府が存在しない時代で企業や会社を存続させるのが、どれ
だけ大変か。
日本が世界で群を抜く「老舗企業大国」である理由は日本人が優秀で
勤勉である所だけでなく「生命は生まれ続ける事で永遠になる」思想を
生み出し天皇が民を「おおみたから」とする考えで君民一体統治を行い
安定した国と社会を築いてこれたからです。
この様な世界に誇れる国と社会を築いてくれた、ご先祖様方に感謝し
我々、現代に生きる日本人も子孫に「生命は生まれ続ける事で永遠に
なる」思想と天皇が民を「おおみたから」とする考えで君民一体統治を
行う政治体制を引き継がなければ、なりません。


▽ 中国系「商人」と日本の「職人」
古事記で天皇の先祖で日本の最高神である天照大神が機織りを
されている記述が有ることから太古の昔から日本に於いて物造りに
価値を見出していたのは間違いありません。
そしてユーラシア大陸の東端の中原では明が「四書五教」62万字を
丸暗記した人間が官僚となり社会を統治する科挙制度を導入した為に
物造りをする職人が評価されにくくなったのは間違いありません。
しかし、これだけでは日本に「職人」的物造り企業が多いのは説明が
出来ますが華僑を含む中国系「商人」企業が多い説明が出来ません。
では、ここで「職人」的物造り企業と華僑を含む中国系「商人」企業の
違いを考えてみましょう。「職人」的物造り企業に絶対必要なのが、
自社工場です。1990年代以降進行してしまったグローバル化時代では
自国以外に自社工場を持つ企業も少なくありませんが1917年以前の
時代なら自国に自社工場を持たない会社など存在しません。
工場を設立し稼働させるには職人の確保も勿論ですが建物の建設や
生産設備の購入といった設備投資も必要ですし日本酒や味噌・醤油
などの発酵食品を扱う企業であれば設備を設置すれば明日から直ぐに
美味しい商品が生産出来る訳では、ありません。
紀元前の時代から力が全ての戦いでの軍による強奪や農地の荒廃に
よる飢えで人口が数分の一や十分の一に減る悲惨な状態が、半分の
時間くらい存在するユーラシア大陸の東端の中原の地域では工場が
必要で多数の職人が必要な会社組織を所有するのは、リスクが、
高すぎます。これに対し、「商人」企業であれば情報や物流を握ってる
人的ネットワークさえ押さえておけば多額な設備投資や多数の職人を
雇う必要はないし多数の従業員を雇う必要な職種だったとしても、
熟練工と違って新規募集を掛ければ済みますし、何よりイザとなれば
金や銀の貴金属に替えて安全な地帯に脱出すれば、その地で又
商売を始められます。これが華僑を含む中国系に「商人」企業が多い
理由です。


▽ 終わりに
日本が世界で群を抜く「老舗職人企業大国」なのか?について考察
して来ました。
その理由は、結局、生命のみならず国や社会及び企業などの人間が
作る組織も継承し続けることで永遠の生命を得られる点をもって、
価値を見出す思想が国体化した為に日本国が安定し連続した社会
を実現出来たので王朝崩壊が無かった為に安心して「職人」的物造り
企業を経営してこれた為でした。
繰り返しになりますが。
この様な世界に誇れる国と社会を築いてくれた、ご先祖様方に感謝し
我々、現代に生きる日本人も子孫に「生命は生まれ続ける事で永遠に
なる」思想と天皇が民を「おおみたから」とする考えで君民一体統治を
行う政治体制を引き継がなければ、なりません。



※ 新刊予告
「世界が称賛する日本の経営」の作者である伊勢雅臣様の新著が
発売になりました。

世界が称賛する 日本の教育
育鵬社 1500円+税
(詳細は→ http://amzn.to/2ul5iej )










スポンサーサイト

▲PageTop

ネット新党「富国日本党」綱領と政策 

富国日本

ロベルトは、2012年2月1日にネット新党「富国日本党」を立党しました。

皆様、宜しくお願いします。

キャッチは、以下の通りです。

「新党富国日本はネットの力で日本を豊かにします。」

連絡先は ↓ まで。

yangkuma@gmail.com

ネット新党「富国日本」の綱領と政策は以下の通りです。

綱領

今日の日本の発展は、2600年にわたる先人たちの努力と、それを束ねる歴代の天皇陛下の祈りが築いたものです。水は豊かで青々とした緑の美しいこの豊かな四季の国で先人たちは、義に尽くしてきました。しかし大東亜戦争敗戦をきっかけに、祖国に対する誇りと帰属意識を喪失し、栄光ある祖国と歴史を否定する外国勢力の走狗達が跋扈しています。また、バブル崩壊後の20年以上続くデフレから脱却出来ない無能な政治家とデフレを愛する官僚達により、日本人の自信喪失も拡大しました。今こそ、仁徳天皇の「高き屋に のぼりて見れば 煙(けぶり)立つ 民のかまどは にぎはひにけり」のこころで政治を行う時です。往時、どの家でもその日に食べる食料すらなくなり、人々は飢えに苦しんでいました。仁徳天皇はカマドに煙すら上がらない民の生活を見ていたく嘆き、いそぎ税を向う3年間は取り立てないことにしました。そして宮殿の改修などに人力をさくことを中止し、食料の生産高をあげるべくさまざまな事業に専念しました。その結果、3年後にはどの家々からもカマドの煙が立ち昇ったとの故事にちなむ歌です。今のデフレで国民が苦しんでいる時に、増税だけを考えている民主党政府の政治となんという違いでしょう。仁徳天皇は、「天皇が天に立つのは民のためである。過去の聖王達は一人でも民が飢えたら自分の身を責めたものである。民が貧しいのは私が貧しいことであり、民が豊かなのは私が豊かなことなのだ」といい、まず民のことを第一に考えられました。民は天皇を中心としたクニ造りに賛同し、その持てる力を出し合って難波の地に強くそして平和なクニを築き上げました。国民と企業が豊かになれば、政府はあばら家に住んで債務だらけでも良いのです。富国日本党は、デフレ脱却と経済成長を通じてこのような祖国を再興させ、2600年の歴史と天皇陛下、国民を海外からの脅威や不景気から守り、日本国民が誇りを持てる祖国にするために活動します。

政策

① 震災復興 東日本大震災復興の為の復興予算として100兆円を計上し、建設国債を発行して60年間で償還する。

② インフラ整備 M7首都直下地震4年以内の発生確率70%の発表を受け、公共投資推進庁を新設して、学校、病院などの公共施設、首都高といったインフラストラクチャーの耐震化を実施する。その他、スーパー堤防やリニアモーターカーなどのインフラ整備に予算を付け建設国債を発行して実施する。

③ デフレ脱却 名目GDP成長率、年3%から5%を目指す。その為に、公共投資と金融政策&日銀の国債買取の3点セットの経済政策を行う。公共投資推進庁を新設して、デフレ脱却を実行する。

④ 雇用 北海道新幹線の開通・エコ製品(水素自動車など)の開発で雇用を創出する。又、雇用を増やした企業に対して、数年間の法 人税減税や補助金などの優遇措置を行う。

⑤ 税制 税は、簡潔・明瞭を是とし、現行税制を根本から見直す。デフレ下の現状では、消費税を含むいかなる増税にもデフレを深刻化させる上に税の減収になるので反対。富国日本党は、名目GDP成長率、年3%から5%を実現させることで増税でなく増収による財政再建を実行する。税務署は、日本年金機構と合体して歳入庁を創設する。又、宗教団体の優遇税制は廃止する。

⑥ 農業 失業者・若者の雇用の受け皿となるよう政府主導でPRし、若者による収納を支援、現存する国内の荒れ地を国家が買い上げ開 拓し、若者の農場経営を支援する。 学校教育に農業を取り入れ、子供たちと農業とのふれあいを増やす。

⑦ 国体我らが祖国日本は、万世一系、かつ、男系を連綿と受け継ぐ天皇陛下の基に2600年を超えた歴史を有する世界で唯一の国である。大東亜戦争の敗戦という不幸な事態は有ったが、我らが祖国日本は悠久に連続して存在する。歴史的な日本の宗教である日本神道を国家宗教とし、世界に日本神道を普及させる。国民の信教の自由は、公共の福祉に反しない限り保証する。関税や国籍の様な我らが祖国日本の主権に関わる項目は、これを弱体化させる如何なる政策にも反対する。

⑧ 歴史 大東亜戦争は、日本の防衛戦争である。大東亜戦争に於ける帝国陸海空軍の奮闘により、アジア・アフリカの有色人種は植民地から解放された。誇りのもてる国づくりの第一歩として、戦犯・帝国軍人の名誉回復を行う。

⑨ 国防 水は豊かで青々とした緑の美しいこの豊かな四季の美しい祖国を自らの手で防衛するのは当たり前、自衛隊を国防軍にする。戦争を防ぐ為に、バランスオブパワーの考えを重視し、近隣諸国との軍事力均衡を実現させる。

⑩ 教育 学校教育の中で国家の存在と意義、郷土・祖国の伝統文化と美しさ、父母を敬う心を教える。 明治天皇御製の教育勅語のようなものをめざし、教育に関する勅語を今上陛下に起草していただく。

WEBSITE-PR.COM










▲PageTop

伊勢雅臣先生のメルマガに弊誌「政治の本質」が掲載!!!  

政治

伊勢雅臣先生と言えば誇りある日本人の生き様を描かせたら世界一の
作家で有名です。
代表的な著書は「世界が称賛する 日本人が知らない日本 」です。



又、毎週日曜日の朝9:00に配信されるメルマガ「国際派日本人養成講座

http://archives.mag2.com/0000000699/

は、創刊15年30000部を超える素晴らしいメルマガです。

ロベルトも感動して何回泣けたことか・・・

そして、伊勢雅臣先生は「国際派日本人養成講座」の姉妹メルマガとして
JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

⇒ http://archives.mag2.com/0000013290/index.html?l=ngl162472c

も刊行されています。

そのJOG Wing 国際派日本人のための情報ファイルに弊誌

「政治の本質」

が掲載されたのです!!



Wing-Mag No.2636 トランプ次期大統領はレーガンの再来となれるか?(上)(政治の本質)
http://archives.mag2.com/0000013290/20170113080000000.html?l=ngl162472c



上記エントリーでの伊勢雅臣先生の紹介文です。
__________
(伊勢雅臣)もうすぐ、トランプ政権がスタートします。

トランプはレーガンとよく比較されますが、レーガン政権が

日欧との協力のもとソ連を打倒したように、トランプ政権も

中華人民共和国を打倒するかも知れません。その期待を

メルマガ「政治の本質」でロベルトさんが語っています。

著者の許可を得て、ここに転載させていただきます。

 長文ですので、2回に分けて掲載いたします。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

このエントリーの詳細は上記伊勢雅臣先生のメルマガで
お読み頂ければと思いますが、骨子は
今までもGDPの5%以上軍事費に費やしていると言われる
シナ共産党中央の人民解放軍。
日米が新しい兵器に今までの倍以上の国防費を掛けて
軍拡競争を始めたら、シナ共産党中央はギブアップです。
無理に軍拡競争の勝負をしたら目出度くソ連の二の舞いで
分裂です!



弊誌「政治の本質」の無料登録は、こちらからどうぞ。
↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0000288345.html











▲PageTop

「首相案件」馬鹿馬鹿しいの一言だ!(04/19のツイートまとめ) 

ツイート

Robertzicorossi

アメブロを更新しました。 『福田財務事務次官辞任!これで増税が遠退けば日本経済にはプラス』 https://t.co/NzSDaH7ltD
04-19 06:49

「首相案件」馬鹿馬鹿しいの一言だ!   「4月18日(水)」 https://t.co/radaR6B1pwモリカケ問題について、在日野党と在日メディアは、 韓国が全く証拠もない慰安婦強制連行や有りもしない南京大虐殺で日本を貶める印象操作のやり方と全く同じ手法です。
04-19 06:44

▲PageTop

福田財務事務次官辞任!これで増税が遠退けば日本経済にはプラス(04/18のツイートまとめ) 

ツイート

Robertzicorossi

RT @liyonyon: 【日米首脳会談】安倍首相「ドナルドと2人きりで相当深い話をできた」、トランプ米大統領「米朝首脳会談で拉致問題提起する」 https://t.co/iJCsTnzOBF @Sankei_newsさんから
04-18 20:16

RT @Japangard: ふざけるな。まず収容されるのは不法滞在難民申請者であり、滞在期間中は原則収容されない。冷暖房完備三食昼寝付でテレビありおやつ購入可だけど、働きたくて難民申請したのに収容されたもんだから文句を言う。ハンストしたけりゃがっちり解脱するまでやらせたほうが…
04-18 20:15

RT @onoderamasaru: 酷い話だ。昨年の「自衛隊員の母親の望みも虚しく、自衛隊員は他国の子供を殺傷する恐怖の使徒になるのである」との小西洋之参議のツイッターでの発言を無視する野党の身勝手な批判に呆れ果てる。【防衛次官、自衛官暴言を謝罪=野党、小野寺防衛相辞任を要…
04-18 20:15

RT @adachiyasushi: 麻生氏のG20出席 野党側の反対で了承せず 衆院議運委理事会 https://t.co/Sgol2iAAU5自民・公明両党と日本維新の会は、「国益の観点から、会議に出席すべきだ」などとして理解…立憲民主党や希望の党などは、決裁文書の改ざ…
04-18 20:15

RT @YoichiTakahashi: 【日本の解き方】省庁「再々編」のキーワードは企画立案と実施部門の切り離し 「公文書管理庁」新設も重要だ https://t.co/jjPBctYHXR @zakdeskさんから
04-18 20:15

RT @daitojimari: 野党議員による財務省職員吊し上げ、「まるでモンスタークレーマーだよね」と言えば多くの人が気がつき、見方が変わると思います。あれうちの〇〇にいたら、やだよねとなるはずです。問題を解決したいのではなく、叩いている自分に酔いしれているだけでしょう。
04-18 20:15

RT @AbeShinzo: フロリダに到着し、早速トランプ大統領との首脳会談に臨みました。今日は、大半を北朝鮮問題に費やし、非常に重要な点で認識を一致させることができました。「日本のために最善となるようベストを尽くす」トランプ大統領は、来る米朝首脳会談で拉致問題を取り上げ…
04-18 20:14

RT @smith796000: 福田事務次官、やっぱり辞めたのか。これで増税が遠退けば日本経済にはプラスなんだが、、、
04-18 20:14

RT @arimoto_kaori: ここは、一部野党が何と言おうが、国民益のため、麻生財務相はG20に出席すべきと思います。実のところ、野党に財務大臣の出張を止める権限などありませんから。 https://t.co/fksjSd3fGS
04-18 20:14

RT @toshio_tamogami: 福田財務事務次官を守ろうとする麻生財務相を私は立派だと思う。証拠も十分でないのに問題に巻き込まれたことが悪いという対応をしてはその指揮官にはついていけない。組織は弱体化する。麻生氏は総理の時田母神論文問題で私を簡単にクビにした人だが今回…
04-18 20:14

▲PageTop

Menu

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メルマガ登録&ツイッター&広告

メルマガ購読・解除
 
美味しい珈琲豆を入手できます。 TCC 珈琲の遠山 http://www.tcc-coffee.com/

プロフィール

ロベルト・ジーコ・ロッシ

Author:ロベルト・ジーコ・ロッシ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

全記事表示リンク

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
27位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード