リオオリンピック

【 リオオリンピック 】 記事一覧

錦織圭『神ってる』リオ五輪テニス準々決勝で奇跡の逆転勝利! あと1勝で男子96年振りのメダル獲得 

リオオリンピック

錦織圭がリオ五輪テニス準々決勝で『神ってる』奇跡の逆転勝利を飾りました。
対戦相手は、フランスのモンフィス選手。
あと1勝で日本テニス界で男子96年振りのメダル獲得です。

今日の結果は、7-6(7-4)、4-6、7-6(8-6)のスコアでした。
1stサーブの確率が非常に低くリズムに乗れないゲームでした。
又、ファイナルセットのターブレークは3-6のモンフィスが3本持っていた
マッチポイントを2本自分のサーブで凌ぎ、かつモンフィスのサーブを
ミニブレーク返し、6-6のイーブンに!
尚、続くモンフィスのサーブポイントで前に出たモンフィスの脇を
フォアのダウン・ザ・ラインのパッシング・ショtットで得点し、
逆に、錦織圭のマッチポイント!
続く、自らのサーブから始まるポイントの4打目をモンフィスのバック
がベースラインをアウトで試合終了!
結局、錦織圭は3-6の絶体絶命な状況から奇跡の『神ってる』連続5ポイント
連取で逆転勝利を飾ったのでした。

準決勝の相手は前回のロンドンオリンピックで金メダルを獲得したデフェンディング・
チャンピオンかつ今年のウインブルドン王者で世界ランク2位のアンディ・マレー選手です。
正直、今日の1stサーブの確率ではアンディ・マレー選手に勝てません。
フォルトになるサーブの大半はネットに掛かる方で、サービスラインより長くなる方は、
ほとんど無かったので、ほんのちょっともう少しトスを上げたボールを長く良く見る気持ち
か、トロフィー・ポーズを長く続ける気持ちでサーブを打てば大丈夫です。

又、準決勝の、もう一つのカードはクレー王者であるナダルとリオ五輪の1回戦で
世界ランク1位のノバク・ジュコビッチを7-6,7-6のタイブレーク2連続勝利で破った
アルゼンチンのデル・ポトロです。

いずれにしても、後1回勝てば錦織圭、あと1勝で日本テニス界で男子96年振りのメダル獲得です。
準決勝の試合開始は日本時間8/14の0時からです。
みんなで応援しましょう!
Forza!圭!

モンフィス戦のダイジェスト動画

錦織も「信じられなかった」逆転勝利
マリー戦へサーブの修正が急務
(スポーツナビ) 2016/8/13 8:20
http://rio.yahoo.co.jp/column/detail/201608130002-spnavi

錦織圭(日清食品)は日本時間13日、リオデジャネイロ五輪のテニス・男子シングルス準々決勝で世界ランキング11位のガエル・モンフィス(フランス)と対戦し、2時間53分に及ぶ熱戦を制し2−1(7(7)−6(4)、4−6、7(8)−6(6))で勝利した。

 錦織は五輪で初のベスト4入り。日本勢96年ぶりのメダル獲得へあと1勝とした。次戦の準決勝では世界ランキング2位のアンディ・マリー(イギリス)と対戦する。

 以下は試合後の錦織のコメント。


集中力が下がる場面があると信じていた
――錦織選手が言っていた「山場」を大熱戦で勝ちました。

 1セット目を良い形で勝って、2セット目はもう少しギアを上げておくべきでしたけど、モンフィスのディフェンスだったり攻めもだんだんと良くなっていたので、最後まで勝負がもつれました。特にファイナルセットはほぼ劣勢で、ブレークポイントをしのいだり、きわどい場面もたくさんありながら逆転勝利だったので、ひとまずはうれしいですね。

――第2セット以降、なかなかファーストサーブが入らなくて、モンフィスがリターンエース狙いでバンバン打ってきて苦しい展開だったが?

 サーブがやはり今日は苦労しましたね。特にそれがファイナル(セット)を苦労した要因ですし、ファースト(サーブ)が入ってくれないと良いリズムを作れず、セカンド(サーブ)をかなり攻められていたので、明日には修正しないとマリーには勝てないですね。

――タイブレークで0−4になった。諦める気持ちはなかった?

 そうですね。自分がすべて悪かった。ミスが早かったり。1試合目のタイブレークも0−4スタートだったので、なるべく1ポイントずつプレーしました。モンフィスのメンタル的にも落ちる場面というか、集中力が下がる場面も絶対にあると信じていたので、最後、数ポイントはすごく良い形で取れました。やはり、ああいうプレーをなるべく最初から心掛けたかったですね。

――終わった瞬間はどういったことを感じた?

 一瞬、やはり信じられなかったですね。3−6ダウンでしたし、ファイナルもずっと劣勢だったので。モンフィスがくれたポイントも、ダブルフォルトもありましたけど、その中で逆転勝利できたのはすごくうれしかったですね。

――4年前のロンドン五輪のベスト8をまずはクリアして、日本テニス界的には96年ぶりのメダルへ、大きく踏み出したが?

 ここからがメダルの懸かる試合になってくる。マリーというあまり得意ではないというか、苦労している選手なので、しっかり頭をクリアにして、また明日に臨みたいと思います。

――いつものトーナメントと一緒で、「準決勝を勝てばメダル」ということは意識しないで決勝を見据えて戦う?

 そうですね、1試合ずつですね。メダルを目指すのはもちろん目標ではありますけど、とりあえず負け続けているマリーなので、そこに集中してしっかりプレーしたいと思います。

――マリー戦でポイントになるところは?

 ディフェンスがすごくいい選手なので、なるべく自分も守りにいき過ぎずに自分のテニスをなるべく心掛けて、もちろん攻撃的にプレーしないと勝てない選手なので……また考えます。





スポンサーサイト

▲PageTop

Menu

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メルマガ登録&ツイッター&広告

メルマガ購読・解除
 
美味しい珈琲豆を入手できます。 TCC 珈琲の遠山 http://www.tcc-coffee.com/

プロフィール

ロベルト・ジーコ・ロッシ

Author:ロベルト・ジーコ・ロッシ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

全記事表示リンク

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
28位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード