FC2ブログ

ツイート

従軍慰安婦は、「刑罰不遡及」違反(10/29のツイートまとめ)

 ←「首相は国民の信頼失った」=年内解散を要求―安倍自民総裁(10/28のツイートまとめ) →「アジア通貨統合」提唱!?橋下徹日本維新の会(10/30のツイートまとめ)
従軍慰安婦は、「刑罰不遡及」違反です。
「刑罰不遡及」は処罰を規定する法律が成立する以前に
行われた行為に遡って(さかのぼって)罪を問わない、
というあたりまえの事です。
これは、江戸時代までの武士に銃刀法違反を問う、
仮定を考えれば、その馬鹿馬鹿しさを容易に理解出来ます。
従軍慰安婦に終止符を打つには、「河野談話」に替わる
新しい談話を政府が出す事です。
現時点で、上記の新たな談話(安倍談話?)を発表すると
明言して下さっている政党のトップは、安倍晋三自民党総裁
ただお一人です。
皆様、安倍自民党への支持を日本の国益と過去・現在・未来の
日本人の名誉の為に、お願いします。

三橋貴明『東京裁判と従軍慰安婦問題にみる病根』(本文より)

『東京裁判と従軍慰安婦問題にみる病根(廣瀬勝 作家)
 今年の夏は、錆びついた私の頭にもキンキンとこたえるものがあった。ほかならぬ李明博大統領の天皇陛下に対する非礼極まりない暴言と、「従軍慰安婦問題」を理由とする我が国に対する損害賠償請求に就いてである。
 大学を卒業して25年間も埋もれていた法律知識を探り出してもなお、「東京裁判」と同じキナ臭さが漂うのが「従軍慰安婦問題」と云える。

 ここで、単純に元従軍慰安婦が日本国内で、民法上の不法行為(709条)による損害賠償請求を日本国政府に対してなしうるか? という問いを提起したい。
 まず、不法行為の成立要件たる加害者の故意、過失の存在であるが、1944年7月26日付け京城日報の「慰安婦大募集」という広告があるため、間接的であれ、政府に故意が認められる。
 次に、被害者の損害の発生が認められるかという要件であるが、争いはあるもの、精神的損害という範囲では肯定せざるを得ないであろう。
 確かに、前述の広告に表示されているように、月額300円という破格の報酬(当時の兵士の給与は15~20円)が支払われており、物理的損害など皆無であるとする主張にも合理性が認められる余地はある。只、性的労働の中に、長時間に亘り耐えがたい過度な性交が恒常的であったとする事例もあり、この範囲内で精神的損害は容認せざるを得ない。

 そして、第三の要件たる因果関係も政府の慰安婦募集行為、慰安所管理行為、と彼らの精神的損害の間に認められる。
 最後に、第四の要件たる加害者の行為に違法性が認められるか否かという問題であるが、これに就いては募集行為も慰安所の管理行為にも違法性は認められない。
 蓋し、政府の募集行為は売春防止法第5条第1項、管理行為は同法第11条第1項の構成要件に該当するものの、同法が施行されたのは1956年5月24日であり、1944年当時、募集、勧誘行為及び慰安所の管理行為に違法性、可罰性を付与すべき刑事法、行政法は一切存在しないのである。(罪刑法定主義、帝国憲法23条、日本国憲法31条、39条)

 又、国際法上も女性の性的労働を禁止する条約も当時は存在せず、(奴隷的拘束を禁止する世界人権宣言が公布されたのは1948年)日本国政府の行為に違法性は認められない以上、不法行為による損害賠償請求は成立しない。

 以上である。

 ただこれだけの話である。

 尚、平成16年に下された最高裁判例は不法行為の成立認定に踏み込まず、韓国側の請求を棄却し、彼らの敗訴が確定している。理由は1965年に締結された日韓請求権協定2条3の文言(一方の締結国及びその国民の他方の締結国及びその国民に対するすべての請求権であって同日以前に生じた事由に基つ“くものに関しては、いかなる主張もすることができない)が憲法14条、29条3項に抵触せず、且つ現憲法施行前の行為を憲法の国家賠償を定める17条は予定していない(国家無答責の法理)からである。
 ここで、私は改めて当該問題の深刻さを日本国民の全員に問いたい。即ち、「元従軍慰安婦」の主張は、東京裁判の判決と同様に法治国家の根幹たる罪刑法定主義(帝国憲法23条、日本国憲法31条)の派生原則たる刑罰不遡及の原則(憲法39条)を崩壊させるレベルの暴論であるということである。
 No crime and no punishment without preexisting law.という刑罰不遡及の原則(行為の時にその行為が犯罪として刑罰を科せられるものと定められていなかった場合には、その後に定めた法律の効力を行為の時まで遡らせて行為者を処罰することは許さないという原則)は全世界的に普遍的に共有されている崇高なる法規範である。
 これを恣意的に否定しているのか法的素養が皆無なのか解らないが、元国家公安委員長の岡崎トミ子氏が「元従軍慰安婦の尊厳を守るため、韓国での反日デモに参加しました。」と発言したことは、凡そ立法府の構成員として許容しえない大事件であった。現行憲法の中核は個人の尊厳(13条)であるが、元慰安婦が業務に従事した時代は皇室を中核とした帝国憲法が施行されていた。加えて「売春防止法」など存在しない。そもそも権利性も保護法益性も認められない時代に生じた出来事に対して今日生じるようになった法規範を訴求する思考は粗雑にして哀れである。更に言えば、その不適格なることを認識していたならば、罪刑法定主義の否認者であり人治主義の崇拝者であると指摘されても弁解の余地はないであろう。
 偏狭な憎悪感情が国民の意思形成の根幹を成し、国際法上消滅した請求権を復活させたり、刑罰不遡及の原則を否定することを正当化する国家は「邪悪」という形容を用いるほかに私は日本国民に警鐘を鳴らす術を知らない。思考の平衡を維持している台湾国民との親善交流が我々を癒してくれるものだと期待している。』
 
 いわゆる「従軍」慰安婦(今さらですが、大東亜戦争中に「従軍慰安婦」という言葉は存在していませんでした。これは戦後の作家である千田夏光の造語です)問題は、廣瀬氏が書かれている通り明確な「刑罰不遡及」違反です。いかなる刑事犯罪といえども、遡及的に適用することは許されません。過去の出来事について、「新規に作った法律」を適用するような野蛮な行為は、「親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」などの遡及法をガチで運用している韓国のような非先進国ならともかく、日本のような先進国は決してやってはならない行為なのです。


 しかも、そもそも慰安婦の「強制連行」については、韓国の学者や日本の左翼連中が懸命に探したにもかかわらず、ついに証拠が一つも見りませんでした。左翼の連中は韓国人慰安婦が自らの意志に反して女衒に売り飛ばされたケース(朝鮮人の女衒が多かったわけですが)をもって、
「人道的に問題あり! これは広義の強制性が成り立っている」
 だとか、
「強制性がなかったというのならば、それを日本政府側が証明しろ」
 などと、言いがかりをつけています。



 当たり前ですが、罪の有無は訴えた方が証明しなければなりません。よく言われますが、日本政府に「慰安婦の強制連行がなかったことを証明しろ!」というのは、「悪魔がいないことを証明しろ!」と言っているのと同じです。



 わたくし達は「刑罰不遡及の原則」という民主主義国家として当然の「決まり」を貫くためにも、さらには不名誉な言葉を浴びせられている先祖のためにも、さらには子子孫孫のためにも「従軍慰安婦」などというプロパガンダを何としても潰さなければなりません。手始めには、やはり河野談話を否定する新たな談話を発表するしかないでしょう。


Robertzicorossi

三橋貴明『東京裁判と従軍慰安婦問題にみる病根』 http://t.co/8U4FfHOg不名誉な言葉を浴びせられている先祖と子子孫孫の為にも「従軍慰安婦」などというプロパガンダを何としても潰さなければなりません。手始めには河野談話を否定する新たな談話を発表するしかないでしょう。
10-29 19:24

ブログを更新しました。 『「首相は国民の信頼失った」=年内解散を要求―安倍自民総裁』 http://t.co/v1u7ud2m
10-29 07:00

天皇賞でデムーロが両陛下の前で下馬し跪いて最敬礼・第146回天皇賞(天覧競馬)で優勝し、天皇皇后両陛下に礼儀を尽くし、下馬してひざまずくミルコ・デムーロ騎手フジテレビは両陛下御出ましや君が代をカット! http://t.co/MApLQRflデムーロの下馬しての最敬礼に感動した
10-29 06:47

スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png テニス
記事一覧  3kaku_s_L.png 政治
記事一覧  3kaku_s_L.png 経済
記事一覧  3kaku_s_L.png ラグビー
記事一覧  3kaku_s_L.png 国際関係・外交
記事一覧  3kaku_s_L.png 書評
記事一覧  3kaku_s_L.png 成功哲学
記事一覧  3kaku_s_L.png 歴史
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽
記事一覧  3kaku_s_L.png サッカー
記事一覧  3kaku_s_L.png 野球
記事一覧  3kaku_s_L.png 物理
記事一覧  3kaku_s_L.png ツイート
記事一覧  3kaku_s_L.png 小室直樹
記事一覧  3kaku_s_L.png クリスマスソング
記事一覧  3kaku_s_L.png パロディ
記事一覧  3kaku_s_L.png 徒然
記事一覧  3kaku_s_L.png 戦略
記事一覧  3kaku_s_L.png アイテム情報
記事一覧  3kaku_s_L.png ビジネス
記事一覧  3kaku_s_L.png 富国日本
記事一覧  3kaku_s_L.png 銀英伝
記事一覧  3kaku_s_L.png 新書紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png マスコミ
記事一覧  3kaku_s_L.png 思想
記事一覧  3kaku_s_L.png 登録用エントリー
記事一覧  3kaku_s_L.png 国体・皇室
記事一覧  3kaku_s_L.png リオオリンピック

~ Comment ~

刑罰不遡及を持ち出すまでもない 

軍慰安婦は、単なる売春婦でした。
「刑罰不遡及」を持ち出すまでもなし!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

モンブラン ボールペン

政治の本質:従軍慰安婦は、「刑罰不遡及」違反(10/29のツイートまとめ)
【「首相は国民の信頼失った」=年内解散を要求―安倍自民総裁(10/28のツイートまとめ)】へ  【「アジア通貨統合」提唱!?橋下徹日本維新の会(10/30のツイートまとめ)】へ