FC2ブログ

政治

植草一秀氏も管首相退陣を要求

 ←西岡武夫参院議長が首相退陣を求める  →福島原発事故を「神の仕業」と言い切る与謝野馨
昨日、ロベルトは、西岡武夫参院議長が首相退陣を求めた記事をupしましたが、
今日は、植草一秀氏も同様な主張をされたいるので紹介します。

毎年恒例首相交代機到来・菅直人氏退陣七つの理由
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/7-a535.html

菅直人氏の居座りには辟易するが、総理大臣の交代は2006年以降の年中行事である。菅直人氏が国民の信任を得ており、国政選挙での民意を正しく反映する政治を実行しているなら、首相を続投するべきである。しかし、菅直人氏に対して主権者国民は明確に不信任を宣告しており、しかも、菅直人氏は国政選挙で示された主権者国民の意思を完全に踏みにじっているから、辞任しなければならない。
 
 菅直人氏を辞任させるには、内閣不信任案を可決する必要がある。野党が内閣不信任案を提出し、与党議員の80名以上が賛成すれば内閣不信任案が可決される。与党議員は、民主主義の根本原則に照らして判断するべきで、内閣不信任案への賛成が、正当性を持つなら、躊躇することなく賛成票を投じるべきである。
 
 国会議員は、主権者国民に対して責任を負う存在であり、首相であれ、党首であれ、徳を失った政治を行うのであれば、これを排除することは正当であり、代議士の責務でもある。首相、党首が政治を私物化して良いわけがない。党首、首相に対する不信任を与党議員が示すことを形式的な理由で批判するのは、あまりにも智慧を欠いている。徳のない政治は排除されるべきだ。易姓革命の考え方を採るべきである。
 
 菅直人氏はなぜ退場しなければならないか。
 
 第一に、菅直人氏は自らが菅内閣に対する信任投票であると位置付けた昨年7月11日の参院選で大敗した。政治家は自分の言葉に責任を持たねばならない。とりわけ、出処進退に関することでは、自身の言葉は何よりも重い。
 
 第二に、菅直人氏は民主党を私物化し、多数の民主党支持者の意思を踏みにじってきた。2009年8月総選挙の結果、民主党は政権与党の地位を得た。主権者国民は民主党の小沢-鳩山ラインが提示した政権公約に賛同して民主党に投票した。
 
 ところが、菅直人氏は民主党執行部から小沢-鳩山ラインを排除し、民主党が主権者国民と約束した公約をことごとく破壊しつくしてきた。
 
 第三に、菅直人氏は、外国籍の人物から多年にわたり政治献金を受けてきた。菅直人氏が事実を認知していた可能性が高く、政治資金規正法違反で立件され、公民権を失う可能性の高い立場にある。



第四に、3月11日の大震災および原発放射能放出事故に際して、国民の生命と健康を守る責務を果たしてこなかったことだ。原子力三原則の「民主・自主・公開」に反して、重要事実を隠蔽し、国民の生命・健康・生活を犠牲にする行動を採り続けてきた。
 
 第五に、原発事故を発生させた東電に対して、適正な責任追及を行わず、原発事故に伴う費用負担を一般国民に転嫁する処理方法を提案している。
 
 損害賠償責任はまず東電が負うものであり、東電の支払い能力が不足しているなら、経営体としての東電は法的整理によって処理するしかない。東電を法的整理によって処理しても、電力の安定供給は十分に維持できる。東電の経営者、株主、金融機関、社債権者、従業員の順に、責任を問うのが、資本主義社会の当然のルールである。
 
 また、原子力事業に関するいわゆる埋蔵金も今回の損害賠償財源として活用するべきである。国民負担である政府負担は、これらの措置を取った上での対応策である。こうした正当で公正なスキームを採用せずに、金融機関の債権放棄などを断片的に唱えるから混乱が増すのである。
 
 東電を法的整理下に置き、当然のルールに則って措置をしなければ、国民が納得するわけがない。
 

第六は、日本経済が存亡の危機に直面するなかで、大規模な復旧・復興・経済支援政策を迅速に決定し、実行することが求められている。第一次補正予算は、1.5兆円が本予算からの振り替えであり、2.5兆円が増税で財源調達することが見込まれているものであり、景気浮揚効果はゼロである。
 
 早急に大規模な震災復興対策を決定し、実行しなければ、日本経済は泥沼に嵌まり込むことになる。本格的な政策対応を秋に先送りするような政府、首相は、直ちに退場するべきである。
 
 今国会を小幅延長し、小型の補正予算を編成するといった、付け焼刃の方針が示され始めているが、最悪の対応である。
 
 国会会期を大幅に延長して、震災復興政策を不眠不休で決定し、実行に移さなければ、何のための議会、何のための政府であるかということになる。



第七は、このような緊急事態にあって、国会を閉会にして休みを取るようなことが許されるわけがないことだ。被災地では、いまも劣悪な生活環境に置かれ、苦しんでいる国民がどれほど存在していることか。
 
 そのなかには、原発事故によって、甚大な被害を蒙っている人々が無数に存在するのだ。風評被害も、実害も、精神的苦痛も、すべて、原子力事故という人災によってもたらされているものだ。
 
 政府と国会は、この問題に対する行政府と立法府の為すべき仕事を為し終えるまで、不眠不休で問題に取り組むべきである。
 
 ましてや、自分自身の保身のために、補正を先送りにするとか、小型補正で反対意見を封じ込めるなどの小手先の策を弄するなど、言語道断である。
 
 6月8日で菅直人氏は首相就任満1年を迎える。本来は、昨年7月11日の参院選直後に辞任しなければならなかったものを、約1年も総理の椅子に座らせてもらえただけで、もう思い残すことはないはずだ。
 
 日本が新しい時代に向けて、本当の再出発を実現するには、人心一新が不可欠である。正統性のない、主権者国民無視の首相には退場いただき、新しい日本の第一歩を記さねばならない。
 
 野党は正々堂々と内閣不信任案を提出し、民主党国会議員には、主権者国民の意思を正しく尊重し、正当性のある内閣不信任案賛成票を投じてもらいたい。内閣不信任案が可決されたなら、民主党を離党すべきは、現在の執行部ということになる。

是非、ロベルトの昨日のエントリーと読み比べて下さい。
基本的な考えは一緒です。

==============================================================

禁煙とは、「たばこを吸わない習慣を身につけること」
    ↓
7つの習慣のDVDが登場!期間限定キャンペーン中
==============================================================

次に、西岡参院議長が読売新聞社に管首相退陣要求を寄稿した記事を。

西岡議長、本紙に寄稿「首相は即刻退陣を」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110518-OYT1T01292.htm

西岡参院議長は18日、東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所事故への菅首相の対応を厳しく批判し、一刻も早く退陣するよう求める論文を読売新聞社に寄稿した。


 三権の長である参院議長が、行政府の長である首相の退陣を求めるのは極めて異例だ。

 西岡氏は、震災発生以来の首相の対応について、「首相としての責務を放棄し続けてきた」と批判し、「必死さも、決意も、術もなく、今、お辞めにならなければ、原発事故がもたらす重大な課題も解決できない」と強調した。

 具体的な疑問点として、原発事故について正確な情報を国民に知らせていないと指摘したほか、仮設住宅建設やがれき処理の遅れ、すべて先送りの首相の政治手法などを挙げ、いずれも「政権の座に居続けようとする手法」と切り捨てた。(寄稿全文は19日の読売新聞朝刊に掲載)

(2011年5月19日03時04分 読売新聞)

==============================================================

あなたは、いつまで「たばこ」を吸いますか?
ロベルトは、これで禁煙に成功経験を成し遂げました。
ジェームス・スキナーの言動とそのパワーを実感して下さい。
     ↓

『でっかい会社を作る9ステップ』無料CDプレゼント



==============================================================

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

[image]無料レポートプレゼント:ドルが紙くずになった時に資産を守る方法

スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png テニス
記事一覧  3kaku_s_L.png 政治
記事一覧  3kaku_s_L.png 経済
記事一覧  3kaku_s_L.png ラグビー
記事一覧  3kaku_s_L.png 国際関係・外交
記事一覧  3kaku_s_L.png 書評
記事一覧  3kaku_s_L.png 成功哲学
記事一覧  3kaku_s_L.png 歴史
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽
記事一覧  3kaku_s_L.png サッカー
記事一覧  3kaku_s_L.png 野球
記事一覧  3kaku_s_L.png 物理
記事一覧  3kaku_s_L.png ツイート
記事一覧  3kaku_s_L.png 小室直樹
記事一覧  3kaku_s_L.png クリスマスソング
記事一覧  3kaku_s_L.png パロディ
記事一覧  3kaku_s_L.png 徒然
記事一覧  3kaku_s_L.png 戦略
記事一覧  3kaku_s_L.png アイテム情報
記事一覧  3kaku_s_L.png ビジネス
記事一覧  3kaku_s_L.png 富国日本
記事一覧  3kaku_s_L.png 銀英伝
記事一覧  3kaku_s_L.png 新書紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png マスコミ
記事一覧  3kaku_s_L.png 思想
記事一覧  3kaku_s_L.png 登録用エントリー
記事一覧  3kaku_s_L.png 国体・皇室
記事一覧  3kaku_s_L.png リオオリンピック

~ Comment ~

不信任案を可決させろ 

菅内閣の不信任案に賛成しない国会議員は国賊に認定です。

トラックバック頂きました。 

トラックバック頂きました。どうもです。
私も菅内閣の早期退陣を願います。

可能でしたら相互リンクをお願いします。

こちらからはリンクを張らせて頂きました。

Re: 不信任案を可決させろ 

> 菅内閣の不信任案に賛成しない国会議員は国賊に認定です。

Coffee 様

こんばんは。
いつも拙ブログにコメントありがとうございます。
常に、当方のご返事が大変遅くなり恐縮至極です。

おっしゃられる通りです。
国賊・売国政治家です。

今後とも宜しくお願いします。
  • #304 ロベルト・ジーコ・ロッシ 
  • URL 
  • 2011.05/22 18:14 
  •  ▲EntryTop 

Re: トラックバック頂きました。 

> トラックバック頂きました。どうもです。
> 私も菅内閣の早期退陣を願います。
>
> 可能でしたら相互リンクをお願いします。
>
> こちらからはリンクを張らせて頂きました。

トモくん 様

こんばんは。
拙ブログにコメントありがとうございます。


管は、最近
立てば国難、座れば人災、歩く姿は風評被害
と評されているそうな。
完璧な管評価です。
明日にでも、内閣不信任案可決が日本復興の早道です。

又、拙ブログにリンクを貼って頂き、誠にありがとうございます。
当方も御ブログにリンクを貼りました。
ご確認下さい。

今後とも宜しくお願いします。

  • #305 ロベルト・ジーコ・ロッシ 
  • URL 
  • 2011.05/22 18:36 
  •  ▲EntryTop 

徳を失った者への自然からの警告 

というむきもあるでしょう、今回の地震は。
被災された東北が悪い訳では、これっぽっちもないのです。
国民の代表である首相の地位に適さない、という自然の意思表明。
よっていろいろな事が起きてしまうのかも知れません。

私たちに出来る事は後ろ向きではなくて、前向きに、
今後の国の在り方、生活の在り方をどうすべきか考える事かな。
東洋の発想で、自然に寄り添い、ものを大切にしていく、
昔の日本的、東洋的な自然共生型に向かって行く、
そう感じています。
時間はかかると思いますが・・・。

そして東洋的な発想といえば、陰陽五行をもとに、
生年月日を分析して、宿命や運命を知ることが出来る、東洋史観。
今までの発想からちょっと目線を変えて、自然に寄り添った生き方が見えてきます。
http://www.birthday-energy.co.jp/
の「運命2011」が分かりやすい。いまなら義援金になるそうですよ。

視点を変えれば、きっと見えてくるモノがあります。

Re: 徳を失った者への自然からの警告 

遊馬 様

コメントありがとうございました。
又、お礼のコメントが非常に遅くなり、申し訳ありませんでした。
管も昔、同様なことをブログに書いていました。
古来日本的価値観の復活、これから主流になって来るでしょう。

今後とも宜しくお願いします。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【民主党】 原口前総務大臣が“ポスト菅”候補に初名乗り “日本維新の会”発会式は5月31日

原口前総務大臣が「ポスト菅」候補に初名乗り(11/05/20)  党の内外から菅総理大臣の退陣を求める声が上がるなか、民主党の原口一博前総務大臣が テレビ朝日の番組に出演し、「ポスト菅」候補に名乗りを挙げました。  民主党・原口前総務大臣:「5月31日に震災で延び…
【西岡武夫参院議長が首相退陣を求める 】へ  【福島原発事故を「神の仕業」と言い切る与謝野馨】へ