FC2ブログ

政治

不信任決議案提出(自民、公明、たちあがれ日本)、問われる与党議員の見識

 ←【拡散希望】 「-増税は復興を阻みデフレを加速する-」 6/30衆議院議員会館で復興増税の問題点を明らかにするシンポジウム開催 →民主党滅亡の日 内閣不信任案否決
政治の要諦は、国民の安全と衣食住を守り、景気を良くすることだ。
by ロベルト・ジーコ・ロッシ

6月1日、夕方、自民、公明、たちあがれ日本の3党が共同で不信任決議案を衆議院に提出しました。

ようやっと、と言った所です。

なにせ、ロベルトは、去年の参議院選挙後から管に対する不信任決議案を提出しろと言い続けて来たから。

ここで、問われるのは、与党民主党議員の見識です。

岡田幹事長は、除籍で脅しているが、良いか!民主党議員達よ。

除籍と次回衆議院選挙以降2度と国会議員になれないのとどちらを選ぶのだ。

国家の主人、主権者の7割は管内閣交代を支持しているのだぞ。

明日の国会で、不信任決議案に反対した議員を選挙民は覚えているぞ。

管が総理になってから行ってきた政治は、尖閣諸島問題と原発対応で国民の安全と衣食住を脅かし

増税とTPP参加で景気悪化を実現させようとしている。

これほど、悪い政治を行えるのも珍しい。

民主党を除籍になっても、次回衆議院選挙で再選されれば、問題ない。

6月2日の管内閣不信任案決議案に賛成すれば、君の未来は明るい!

三橋貴明氏のブログから掲載します。

何があっても日本経済は破綻しない!本当の理由(5/31)

『消費税10%案、6月に決定…首相方針
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110529-OYT1T00820.htm
 菅首相は29日、6月下旬にまとめる社会保障と税の一体改革案の中で、焦点の消費税率引き上げ幅や引き上げ時期を最終調整するため、政府と与党幹部による「コア(中核)メンバー会議」を設置する方針を固めた。
 来週中に初会合を開き、4回程度の協議を経て6月中旬にも、2015年までに現行税率を5%引き上げて10%にする案を決定する方向だ。(後略)』

東日本大震災は、国家を人間にたとえた場合、誰の目にも明らかな悲惨な外傷です。日本国家が一つの身体を持つ人間と仮定すると、大震災は骨折や裂傷など、他人にも一目で分かる大怪我なのです。


 自らの脚の骨が折れている以上、他のことは放っておいても、とにもかくにも手当てをしなければなりません。骨折や裂傷という大怪我を負った人が、
「この治療法は、後々に副作用があるかも知れないから・・・。それに、後々の事を考えて、これをやっておくか」
 などと、呑気なことを口にすることはありません。怪我の手当てをするために、大急ぎで病院に駆け込むはずです。


 しかも、菅政権は被災地復興の予算を通さないまま、国会を閉じようと画策しています。さすがに、そんなこと(被災地の皆さんを見捨てること)は許されるはずがないので、「倒閣」の動きが目立ってまいりました(当たり前です)。



『西岡参院議長、内閣不信任案「みんな賛成してもおかしくない」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110531/stt11053100130000-n1.htm
 西岡武夫参院議長は30日夜、BS11の番組で、内閣不信任案について「国会議員一人一人が本気で日本の将来を考え判断すれば、みんな賛成してもおかしくない」と述べ、可決が当然だとの認識を示した。(中略)
 また、民主党内で不信任案に同調する造反者に、岡田克也幹事長ら執行部が厳しい処分を検討していることに対しても「こんな事態になった執行部が処分されるべきだ。今の政権が国民に造反している」とこき下ろした。』



 民主党系の参議院議長にまで「今の政権が国民に造反している」と批判される菅内閣。自党系の議長にここまで批判される内閣というのは、前代未聞だと思います。


 民主党は統一地方選挙など、各地方選挙で惨敗を続けています。日本国民は、民主主義の有権者として自浄能力を働かせようとしているのです。今度は、民主党の議員に自浄能力があるかどうかが問われています。これまで、一度もまともな自浄能力を示したことがない民主党議員たちですが、内閣が「国民に造反している」状況で、果たしてどのような判断を下すのでしょうか。

「将来」について補足しておきますと、増税を主張する人や財務省は、「将来世代に負担を先送りしない」というレトリックを多用します。これは実は、二重の意味で間違えているのです。


 一つ目は、もちろん「国の借金」の債務者は国民ではないという点です。日本の場合、債務者ではなく債権者が日本国民です。すなわち、将来世代に残るのは負担ではなく「資産」になります。


 無論、ギリシャのように外国からお金を借りている国は別ですが、その辺を曖昧にして、日本とギリシャを混同したレトリックを多用するわけです。


 二つ目は、国債発行を批判する人は、国民経済にとって重要なことは、国内の供給能力を維持し、国民の安全を守る「設備」を保有することであるという基本を忘れているという点です。大切なのは、フロー(GDP)上の供給能力であり、ストック上の生産資産なのです。お金ではありません。お金など、日銀が準備預金の数字を増やせば、何百兆円であろうと数秒で発行できます。


 例えば、二つのケースを考えてみましょう。



◆ケースA:政府に負債はないが、国内のインフラが崩壊し、生産やサービスの供給が滞りつつあり、かつ国民の安全を守る設備も利用困難になっている
◆ケースB:政府に負債はあるが、インフラが維持され、国民の需要を満たす供給能力が拡大し、かつ国民の安全を守る設備が強化、拡張されていっている



 わたくしたちの子孫にとって、ケースAとケースB、どちらが幸せな国家になるでしょうか。書くだけ野暮なので、回答は書きませんが。


 いずれにせよ、現在の日本は供給能力が充分余っています(電力等は、一時的に厳しいですが、結果的に投資が増えます)。だからこそ、デフレなのです。


 日本の誇るべき供給能力、生産資産こそが、「何があっても日本経済は破綻しない!本当の理由 」というわけなのですが、菅政権のままだとこれを将来世代に引き継げなくなる可能性があります。何としても、復興増税、消費税アップは阻止しなければなりません。民主党議員の良識に期待します。

国家の否定と魔女狩り(6/1)

『不信任案、小沢氏系50人超が賛成意向 執行部締め付け
http://www.asahi.com/politics/update/0601/TKY201105310753.html
 自民、公明両党が一両日中にも衆院に提出する方針の菅政権への内閣不信任決議案に対し、民主党の小沢一郎元代表に近い50人超の衆院議員が賛成する意向を固めた。朝日新聞の取材でわかった。小沢氏系議員らは中間派議員にも同調を求める一方、党執行部は締め付けを強めている。菅直人首相も31日夜、鳩山由紀夫前首相と約2時間会談し、不信任案否決に理解を求めた。 (後略)』



 復興予算(第二次補正)をほったらかしにし、消費税アップ、復興増税、TPPなどなど、余計なことに邁進する菅内閣に「民主党の議員」がどのような判断をくだすのか。注目させて頂きます。

掲載終了

次に、植草一秀氏のブログから。

NHKノーコン大越健介投手の政局ノーコン解説(6/1)

自民党と公明党は菅直人内閣に対する不信任案を衆議院に提出する。6月1日に党首討論が行われる予定で、不信任案はその後に提出される見込みだ。衆議院本会議での採決は6月2日午後になる予定。
 
 菅首相が不信任案を突き付けられている理由は、
 
①原発事故発生への対応で致命的な誤りを示し、原発事故を重大させるとともに、最重要課題である国民の生命と健康を守る行動を怠ったこと。より正確に言えば、情報の隠ぺいにより、多数の国民を大量被ばくの犠牲者にしてしまったことである。
 
②震災・原発事故を受けて、政府が全力をあげて取り組むべき課題は総合経済対策の策定だが、これを先送りし、さらに、大増税を盛り込もうとしていること。主権者国民の意思を踏みにじる行動である。

これらが、震災・原発事故発生後の管内閣の対応の誤りであり、内閣不信任を突きつけられて当然の失態である。
 
 震災・原発事故以前の問題として次の三点を示すことができる。
 
④菅直人氏が政治資金規正法違反の行為を取ったことが明らかにされたことである。捜査当局は菅氏を直ちに取り調べる必要があるが、政治的配慮から適正捜査が行われていない。
 
⑤菅直人氏が民主党の本来の主流派を党内政治で排除していること、および、2009年8月総選挙で主権者国民と約束した政権公約を片端から破棄し続けていること。民主主義の根幹を踏みにじる行動を示している。
 
⑥菅首相は2010年7月11日の参院選を菅内閣に対する信任投票であると位置付けた。その参院選で民主党は大敗した。したがって、菅内閣は不信任を突き付けられたわけで、本来、菅直人氏は昨年7月に辞任していなければならなかったこと。
 
 これだけの事由が整っているのだから、菅氏は首相を辞任するべきである。これが憲政の常道である。
 
 国民の7割は菅氏の退陣を求めている。
 
 国難の時期であるからこそ、主権者国民の意思を正しく反映するリーダーが日本復興の先頭に立つべきである。リーダー不適格者がこの国家の命運を分ける時期の日本を先導することは許されない。



ところが、これまで日本を支配し続けてきた支配勢力=利権複合体は菅内閣の続投を強く求めている。米国、官僚、大資本、利権政治屋、電波産業(=マスゴミ)の悪徳ペンタゴンだ。
 
 マスゴミのなかでもとりわけ害悪が大きいのがNHKである。NHKニュースウォッチ9は、内閣不信任案についての「街の声」を紹介したが、
 
「このような国難の時期の政局をめぐる動きは被災者の理解を得られない」
 
「政治家の身勝手に怒り心頭」
 
などの声だけが放映された。
 
 NHKを一刻も早く解体するべきである。
 
 街の声は多種多様である。しかも、世論調査で7割の国民が菅首相の退陣を求めているのだから、
 
「これだけ失態を繰り返している菅首相が退陣を求められるのは当然」
 
「迅速な復興、日本経済の立て直しのためには、一時的に時間がかかっても、強いリーダーシップのある人物をリーダーに据えねばならない」
 
「日本が国難に直面していればこそ、適切なリーダーが強く求められる」
 
などが、本当の国民の声である。



いま何よりも重要な政府の行動は、総合経済対策を策定することだ。坂を転げ落ちる日本経済を支えねばならない。増税ではなく、経済支援策が何よりも求められている。
 
 この局面で、菅内閣は2015年消費税10%を打ち出した。消費税引き上げについては、2009年8月総選挙、2010年7月参院選で、主権者国民が明確に否定の意思表示をした。これを踏みにじるのなら、日本は民主主義国家ではない。
 
 NHKは外国の格付け機関が日本国債の格付けを引き下げる方針を示したことを取り上げ、財政再建への道筋を示すことが重要だとの考えを国民に刷り込もうとしている。VTRで登場させるエコノミストも、この流れに合わせた人選だ。
 
 客観性を失い、中立公正の立場を忘れた、偏向報道まっしぐらのNHKを早く解体するべきだ。このようなNHKを不要と考える国民が激増している。

このまま菅内閣が存続することを望んでいるのは、
 
米:沖縄に日本政府負担で巨大軍事基地を作らせようとしている米国
 
官:政府の無駄を温存したままで国民に巨大増税を押し付けようとしている財務省・官僚機構・財界
 
官:天下り利権を温存したい官僚機構
 
業:政官業の癒着を維持したい財界
 
政:政官業癒着政治のおこぼれを漁る利権政治屋
 
電:利権複合体の一角にとどまり、巨大利権を維持したいマスゴミ
 
の「米・官・業・政・電」利権複合体勢力=悪徳ペンタゴン
である。

民主党の鳩山由紀夫前首相およびそのグループ議員が内閣不信任案に賛成票を投じれば不信任案は可決される。日本は活路を見出すチャンスを得る。
 
 このまま、菅内閣が持続すれば、悪徳ペンタゴンによる日本支配が持続してしまうことになる。国民は目を醒まし、悪徳ペンタゴン広報部隊のマスゴミに騙されることなく、菅内閣の一刻も早い退場を強く求めねばならない。




スポンサーサイト






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png テニス
記事一覧  3kaku_s_L.png 政治
記事一覧  3kaku_s_L.png 経済
記事一覧  3kaku_s_L.png ラグビー
記事一覧  3kaku_s_L.png 国際関係・外交
記事一覧  3kaku_s_L.png 書評
記事一覧  3kaku_s_L.png 成功哲学
記事一覧  3kaku_s_L.png 歴史
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽
記事一覧  3kaku_s_L.png サッカー
記事一覧  3kaku_s_L.png 野球
記事一覧  3kaku_s_L.png 物理
記事一覧  3kaku_s_L.png ツイート
記事一覧  3kaku_s_L.png 小室直樹
記事一覧  3kaku_s_L.png クリスマスソング
記事一覧  3kaku_s_L.png パロディ
記事一覧  3kaku_s_L.png 徒然
記事一覧  3kaku_s_L.png 戦略
記事一覧  3kaku_s_L.png アイテム情報
記事一覧  3kaku_s_L.png ビジネス
記事一覧  3kaku_s_L.png 富国日本
記事一覧  3kaku_s_L.png 銀英伝
記事一覧  3kaku_s_L.png 新書紹介
記事一覧  3kaku_s_L.png マスコミ
記事一覧  3kaku_s_L.png 思想
記事一覧  3kaku_s_L.png 登録用エントリー
記事一覧  3kaku_s_L.png 国体・皇室
記事一覧  3kaku_s_L.png リオオリンピック

~ Comment ~

不信任最大の大義を違法献金にせよ 

私は、菅内閣不信任の最大の大義名分を「パチンコ屋を経営している韓国人からの違法献金受け取り」にすべきだと考えます。
これが国民に対しても、所属議員に対しても、最も分かり易くで理解を得られ易いです。

消費税率10%は日本崩壊政策です。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

不信任案どうするべきか?韓国人から違法献金を受け取っていた菅直人を首相にしておいてはならない・菅政権への内閣不信任決議案を可決するべき・消費税10%への引き上げも愚の骨頂・不信任案には、鳩山、小沢、原

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 非国民宰相め、国民の怒りを知れ!(愛国画報 from LA) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110601-00000829-yom-pol 内閣不信任決議案、...

内閣不信任案提出、民主党は分裂の危機、次の政権はどこが取る??

不信任案提出、民主は分裂危機 内閣不信任案:小沢元代表、鳩山氏賛成へ 造反拡大で緊迫 自民、公明、たちあがれ日本の野党3党は1日夕、菅直人政権に対する内閣不信任決議案を衆院に共同提出した。2日午後の衆院本会議で採決される。民主党執行部は否決した上で、…
【【拡散希望】 「-増税は復興を阻みデフレを加速する-」 6/30衆議院議員会館で復興増税の問題点を明らかにするシンポジウム開催】へ  【民主党滅亡の日 内閣不信任案否決】へ